帰国者が泊まる「検疫所が指定する施設」とは?→成田空港近くの○○

スペインワーホリ

日本へ到着した人が成田空港でPCR検査を受けた後、すぐに自宅などの待機場所へ向かわない場合は、「検疫所が指定した施設」へ移動し、約2泊過ごします。

その「検疫所が指定する施設」に宿泊したので、今回はその模様の話です。

7月29日から検査方法が変わったことで、空港での待機時間も短縮され、今後この施設待機はなくなるかもしれませんが、8月の時点ではまだ利用されているようです。

成田までの道のり、空港のPCR検査や移動するまでの待機場所に関してはこちら

帰国から14日間は公共交通機関を使うことが禁じられているので、基本的には帰国者の取る行動は3パターンです。

  1. 家族や友人に自家用車で空港に向かいに来てもらう。
  2. 14日間は成田市のホテルに宿泊し、その後公共交通機関で帰宅。
  3. レンタカーで帰る。

この中で、2と3を選択する人は、基本的に検査結果が出るまで施設に宿泊することになります。(基本的に2泊ですが、1日だけ宿泊して帰宅するというパターンなどもある。)

スポンサーリンク

空港から施設へ移動

空港の待機場所から施設への移動手段はバスです。

待機場所から職員に連れられ5分ほど歩き、用意されたバスの中に乗り込みます。

バスの中はこんな感じ。

窓や座席がビニールシートで覆われ、殺伐とした雰囲気です。

もちろん車内では無言です。

10分ほどで施設に到着します。

スポンサーリンク

検疫所が指定した施設とは

検疫所が指定した施設とは、ホテル東横INN成田空港本館です。

ホームページでもこちらが待機施設であることが公表されています。

隣接しているホテル東横INN成田空港新館は通常営業です。

私が到着したのは夜だったので、入り口で夕食を受け取ります。

部屋への移動はエレベーターを使い、もちろん定員は1人です。

前の人が部屋に入り終わるまで次の人は1階で待機します。

エレベーターもボタンはスタッフが押し、各階にスタッフが待機し、無駄がないように導線が組まれ、1直線で部屋に向かうことになります。

部屋に入ると、退所するまで基本的にここから1歩も外に出られません。

スポンサーリンク

ホテル生活

というわけで2泊のホテル生活がスタートです。

お部屋はこんな感じです。

ベッドが2つあります。

片方しか使っていませんが、もう1つのベッドもシーツなどを全て交換すると考えると、なかなか大変だと思います。

入所者の皆様へ

テーブルには「必ずお読みください」と書かれた10枚ほどの紙がありました。

全ての用紙に目を通します。

その中には手洗いの手順や、エコノミークラス症候群予防の体操について記載したものまでありました。

大まかな内容は以下の通りです。

  • 生活や健康に関しての困りごとは部屋の電話を使い、内線で事務局に連絡。
  • 電話は基本的に8時から20時まで。緊急時はいつ電話してもOK。
  • 居室にとどまるのが原則。コンビニ利用や喫煙の外出もナシ。
  • 食事の食べ残しは廃棄して。
  • 食事の弁当がらはごみ袋に入れて部屋の外に出す。分別してね。
  • 電話(外線)、冷蔵庫の利用は遠慮して。
  • 禁煙・禁酒
  • 検査結果は個別にお知らせ。基本的には帰国日の翌々日の早朝に通知。
  • 日本に到着した日の翌々日の午前8時30分以降、11時30分までには退所。
  • 家族が迎えに来る等で、待機場所への移動手段がすでに確保できている場合は、結果判明前に退所可能。必ず事務所に知らせること。
  • 待機場所確保が難しい人は、ホテル東横イン羽田空港第1を紹介可能。
  • 待機場所及び待機場所までの移動手段についてのアンケートを入居翌日12時までに扉の外側にマグネットで貼っておくこと。
  • 成田空港直行バス、成田空港周辺の主要ホテル行きバス、成田空港周辺の主要ホテル行きバス、羽田空港及び羽田空港周辺の主要ホテル行きバスの4つの組に分かれ、順次アナウンスで退所。

食事の内容やルールは次のページ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました