【Berwick 1707】バーウィックのストレートチップを購入しました!【絶対試着】

この記事には広告を含む場合があります。
Berwick ストレートチップ

ビジネスや冠婚葬祭で履ける靴はどんなものが良いのかな。

黒の内羽根ストレートチップを選べばOK!。

どのメーカーやブランドのものを選べば良いか、選択肢が多すぎて分からない…

スペインのドレスシューズブランド、Berwick 1707のストレートチップです。

以下に当てはまる方にはこの記事を是非最後まで読んでいただきたいと思います。

この記事はこんな人におすすめ!
  • Berwick 1707について知りたい方
  • スペインの靴やファッション、ブランドに興味がある方
  • 冠婚葬祭やビジネスで使える靴をどう選んだらよいか分からない方
  • ストレートチップを購入しようとしている方
  • Berwickの店舗を見てみたい方
  • オンラインストアで靴を買いたい方

先日、東京のBerwick直営店舗である赤坂店にて、黒の革靴を1足購入しました。

冠婚葬祭用の靴が欲しかったのです。

なぜ数ある靴のブランドからBerwickを選び、おすすめするのか。

数あるモデルの中からどのようにして靴を選んだか。

実際に店舗で試着し、ポイントとなった部分を詳しくお伝えします。

今回の記事はかなり長めです。

BERWICK 1707について詳しく知りたい方はオフィシャルサイトのこちらのページをご覧ください。

「Berwickは1707年創業」は間違いなので、お気を付けください。

目次

内羽根ストレートチップ

「内羽根ストレートチップ」って一体何?

という方に、少し説明を加えます。

こんな形の靴です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

つま先に横の1本線があり(=ストレートチップ)、羽根(※紐を通す部分)が内側に縫い付けられている(=内羽根)靴のことです。

この内羽根のストレートチップというスタイルは、数あるドレスシューズの中でも冠婚葬祭に適した、特にフォーマルなモデルです。

1足持っていれば、いざという時に困りません。

逆に言うと、男性にとっては急に必要になった時に無ければ困る靴です。

もちろんビジネスでも使える靴なので、普段から革靴を履くライフスタイルであれば、数足持っているという方もいます。

私はこのような靴のマナーを知らずに、友人の結婚式にこのような靴を履いて行ったことがあります。

当時を振り返ると、黒の革靴であれば何でもいいと思っていました。

その時は何か問題が発生したわけではありませんが、今考えると結構恥ずかしいことをしていますね。

Berwickのストレートチップをおすすめする5つの理由

それではここから、なぜ数あるドレスシューズブランドの中から、Berwickのストレートチップをおすすめするのかを書いていきます。

理由は主に5つです。

フォーマルな場で履く靴として恥ずかしくない質

Berwickの靴は、冠婚葬祭に履いていくのにふさわしい良質なものでです。

冠婚葬祭は人生に何度もあるものではありません。

だからこそ大事な機会なのです。

相手のためを想って、きちんとした服や靴で出席したいものです。

Berwickはグッドイヤーウエルテッド製法という良質な製法で、スペインのアルマンサにて職人が丁寧に作っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2019~2020年、スペインにワーキングホリデービザを使って滞在していましたが色々あって早めに帰国。
スペインの音楽(ロック・インディ・オルタナ)が好きなので、日本語で情報発信しようと思います。

おいしいラーメンを食べたい。

コメント

コメントする

目次