今年初めてスペインでマスクを使いました。スーパーマーケットで入手。

スペインワーホリ

2020年5月24日(日)、コロナウイルスが流行して以降初めてマスクをつけました。

もちろん何もしないで外を歩いていたわけではありません。

いわゆる普通のマスクがしばらく手に入らなかったので、マスクの代わりになるものを使っていました。

そしてつい先日スーパーマーケットでマスクをようやく買い、初めて使いました。

スポンサーリンク

マスクがない時どうしてた?

一応マスクは何枚かスペインに持っていっていました。3枚だけ。

しかしコロナウイルスが流行し出した後はマスクがどこも売り切れで、持っているマスクもすぐに無くなるのは目に見えている状態です。

というわけで持っていたマスクは温存し、以下の方法でマスクの代用品を使っていました。

マフラーマスク

3月はマフラーをマスク代わりに使っていました。

何のギミックもありません。マフラーで鼻と口、顎を隠すだけで簡単です。

まだまだコートが必要な時期だったので、マフラーは保温も兼ねて活躍してくれました。

手作りバンダナマスク

4月ともなると気温が上がり、さすがに暑くてマフラーは使えません。

というわけで次は手作りマスクです。

この方法を参考に、簡単なマスクを作りました。

バンダナ1枚あれば誰でも簡単に作れます。

ただ、バンダナだけだと少し薄い気もします。

ということで私はバンダナの中にハンカチを挿入することで厚みを出し、気休めながら防御力を上げていました。

このあと半分に折りたたんでサイドをねじってひも状にして、後ろで結べば完成です。

バンダナもハンカチも丁度よいサイズのものを持っていたので、簡単に作れました。

スポンサーリンク

スーパーマーケットでのマスク販売

3月や4月は薬局にも予め貼紙がありました。

「消毒ジェル販売していません」「マスクありません」

そもそもあまり外出しないようにしていたので、大量のマスクは必要なかったのですが、4月下旬頃から徐々にマスクを買えるようになりました。

さらに、マスクを取り扱うスーパーマーケットが徐々に出てきます。

一般的にスペインのスーパーマーケットではマスクは売っていません。

Carrefourは4月25日からマスクを販売開始しました。

しかし、10枚で8,90ユーロ。高いな!

1枚当たり105円ほどです。

ちょっと機能がいいというわけではなく、使い捨ての普通の不織布マスクでこの値段です。

しかししょうがない。スペインではマスクが高いのです。

他にはLiDLDIAが50枚入りでオンライン販売をしていましたが、50枚も必要ない…

MERCADONAでは5月14日からマスクを販売開始。

スポンサーリンク

スペインで初めてマスク購入

5月18日にMERCADONAに行ったら、マスクがありました。

10枚で6ユーロ。カルフールより安く、10枚は丁度良いかと感じたので、購入です。

普通の中国製の不織布マスクです。

その後5月24日に買い物で外出した時に初めて使ってみました。

特に可もなく不可もなく、普通のマスクです。変な匂いもなし。

なぜか5月22日に「今日からマスクを販売します」というお知らせが。日付間違えたのでしょうか。

スポンサーリンク

マドリードでは

ちなみにマドリードでは薬局で保険証を見せると1枚マスクがもらえるようです。

保険証がない人はどうなんでしょうか。住民登録とかビザで証明すればもらえたりするのかな。

それから地下鉄の主要駅にはマスクの自動販売機を設置していくようです。

3ユーロで10回まで洗って再利用可能なので、コスパはまあまあ良いのではないでしょうか。

公共交通機関ではマスクが必須。マスクを持ってない・忘れたという言い訳は効きませんね。

スポンサーリンク

最後に

今はスペインでマスク不足は完全に解消され、スーパーマーケットでも普通に買えるような身近なものになりました。

「予防のためにマスクをする」という発想が全くなかったスペイン人にもマスクをつける習慣が生まれ、現在は外出時はマスクの着用が義務付けられています。

今まではマスクを着けている人=風邪をひいている人という認識で、マスクをしているアジア人を変な目で見る人もいました。しかし今では逆にマスクをしないといけない状態で、全く逆になりました。

そして感染者数もぐんぐん減ってきているので、このままマスク習慣が根付いてほしいですね。

でももうちょっと安くなんないかな。

お読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました