DINEROを見に行ってきました!

ライブ

日時:2019年11月19日(火)
会場:Sala SiROCO (Madrid)
料金:15€
アーティスト:DINERO

DINEROというロックバンドのライブを見に行きました!

私が超大好きなスペインのバンドで、1stアルバムから今までずっと聴いてきました。

スペイン語が分かる人にはこの”DINERO“というバンド名が印象的ではないでしょうか?

英語で”money”、日本語で「お金」という意味です。

このDINEROというバンド名は、当時の自身やスペインの経済状況からつけられたとのこと。

実は昔ちょっとした機会があり、彼らにメールでインタビューをしたことがあります。その話はまた今度書こうと思います。

スポンサーリンク

どんなライブ?

今回は会場のSala SiROCOの30周年を記念したライブで、私が行った19日と20日に行われました。先に20日のライブが発表され、すぐにソールドアウトとなったため、19日は追加公演です。

私は見事に20日のチケットを取り損ねていたため、追加公演があって本当に良かった…

スポンサーリンク

会場のSala SiROCOはどんなところ?

ここはマドリードのCONDE DUQUE地域に位置しています。人通りが多すぎず、いい雰囲気のお店もたくさんあります。

Siroco – Sala de Conciertos y Clubbing

以前行ったCafé La Palmaもすぐ近くにあります。

上階や周囲は普通のピソなので、外で騒ぐことは禁じられています。

静かに。住民は就寝中です。叫んだり道を汚さないようにお願いします。それが皆のためです。

中はこんな感じ。

SiROCO は30年を迎えます。
入場すると1階にバーがありますがここは今回使われていません。奥にトイレがあります。
ライオン♂
ライオン♀

トイレの性別はライオンの顔で認識。

階段を下りて地下のライブスペース
前方に柵はありません。

キャパは300人位でしょうか。

スポンサーリンク

DINERO

9時に開場です。もちろん最前で見ます。

スペインでは整理番号があるライブは滅多にありません。好きな時間に入場し、好きな場所で見る。最前列に行きたがる人もそんなに多くない印象です。

それよりも開演前はビールを飲みたい人が多く、前方はバーから遠いからと考えているのでしょうか。いい具合に人が色々な場所に分布します。

ライブは10時に始まりました。

ライブの写真と映像をいくつかどうぞ。

SquireのJAZZMASTER

終盤には少しフロアに降りてきたり。

いかにもロックバンドといった音楽です。

FOO FIGHTERSやQUEENS OF THE STONE AGEなどを好んで聞く人は絶対好きだと思います。

そして何よりも曲のメロディが良いので、聞きやすく、歌いやすい。でもロックミュージックの衝動が宿っている。

というわけでお客さんも超歌います。

10周年を記念したアルバムがあるので聞いてみてください。

スポンサーリンク

ライブの後

ライブの1週間ほど前に、SirocoのInstagramで、とある抽選が行われました。

当たるとCDにサインをもらえる企画です。

私は外れました。19日は結構倍率低かったんだけどな…

というわけでサイン会には参加できず、後ろの方にある物販を見ていました。

Tシャツ各種とCDがありました。唯一サイズが合ったTシャツを選んで物販のスタッフに渡すと20€とのこと。財布を出そうとしたら、

そこにヴォーカルのSeanが突如現れ一言

“Es gratis!“

私:(Qué? 何?)

と思っていたら立ち去って行きました。

gratisは無料という意味です。受付のお姉さんも(え?)という感じでしたが、彼がそう言っているからいいよと、無料でいただきました。

珍しく日本人だったから無料にしてくれたのでしょうか。ありがとう!

唯一サイズが合ったTシャツ
スポンサーリンク

最後に

今回の2日間のライブを最後に、メンバー2名が抜けることが予告されていました。

このバンド、ヴォーカル・ギターのSean以外はメンバーが何回か変わっています。活動開始時のメンバーは残っていません。今後は新たなメンバーで活動していきます。

真ん中のMarioは新メンバー。

このタイミングでスペインに行けてよかったです!

今度新メンバーでのライブがあれば見に行きたいと思います。

お読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました